天然水?RO水?赤ちゃんの調乳に適しているウォーターサーバーの水とは?

RO水の特徴について知ろう

お子様が生まれた事をきっかけに、ウォーターサーバーの導入を考えている家庭も多いでしょう。しか、ウォーターサーバーについて調べてみると、RO水と天然水があるため、どちらを選べばいいか悩んでしまいますよね。まずは、この2つの水の特徴を知る事が、選ぶポイントになります。最初にRO水に関してですが、RO水はReverseOsmosisの略称であり、RO膜でろ過処理した水の事になります。これでは意味が分からないですよね。RO膜でろ過を行うと、塩素はもちろん、ウイルスや細菌、ダイオキシンや重金属など、ありとあらゆる不純物を取り除く事ができます。その効果の高さから、水に含まれているミネラル分までカットしてしまうので、あとで人工的に加えているところも多くあります。純粋に近い水なので赤ちゃんにも安心ですよね。

天然水の特徴について知ろう

ウォーターサーバーには、RO水の他に天然水があります。天然水とは、雨や雪などが地層でろ過された天然の水であり、ミネラル分が含まれているのが特徴です。天然水は、ミネラル分がバランスよく含まれている軟水なので、柔らかく飲みやすいと言われています。ミネラル分が多すぎる硬水は、赤ちゃんには適してないと言われているので、軟水である天然水は問題ないでしょう。天然水は、日本全国の採水地から選ぶ事ができ、含まれている成分も異なっています。そのため、採水地や成分などから選ぶ事もできます。RO水と天然水は、どちらも放射能検査を行うなど、安全性にこだわって作られているため、どちらを選んでも安心して利用できるでしょう。

ウォーターサーバーを赤ちゃんのいる家に置くと、きれいな水で生活できるのでおすすめです。価格も安価なので、良い事づくしです。