メンテナンスに費用はかかる?ウォーターサーバーの維持費

光熱費のみですむプランがある

ウォーターサーバーは光熱費のみがかかります。温水と冷水機能を有しているため、冷やすことと温めるためのモーターを駆動し水を循環させるため費用が掛かります。しかし、省エネ設計がされていますので消費電力は抑えられていますので安心です。また、使わないときは切ることでさらに削減されます。水が出る仕組みは簡単で、ボトルをひっくり返して重力で流れ落ちるようになっているため、ノブによる弁を開放することで水を入れることができます。とても軽く操作できますし量も十分に調整することができます。そのため、水を出すときには電気は使わないのでエコな設計になっています。高機能な場合はライトがついていたり、水の抽出に電力が使われるケースがありますので注意が必要です。

メンテナンスは無料がおすすめ

メンテナンス関係は無料のプランがあります。機器そのものがリーズ契約であることが一般的のため、故障した時はサービスマンが訪問して対応してくれます。また、衛生面では、水をつねにつかいますのでカビやよごれが時間がたつと発生します。また、特に湿度の高い梅雨時期や乾きにくい冬は汚れやすい環境です。定期的に分解して部品の交換やクリーニングをしてくれるサービスが付帯します。ほかにも業者によっては様々ですが、メンテナンスプランとして有料となる場合があります。しかし、長期利用することで割引が適用されるお得なプランもあります。自分で意図的に壊した場合は保証の対象外になりますので注意が必要です。契約の比較がポイントになります。

水のサーバーは、天然水やミネラルウォーターのボトルを定期購入し、専用のサーバーで冷水や温水を常時利用することができます。