衛生面は大丈夫?ウォーターサーバーの衛生管理について

清潔を保つための仕組みと衛生的なウォーターサーバーの選び方

ウォーターサーバーの衛生管理は毎日飲む水なだけに、とても気になりますよね。実はウォーターサーバーには、雑菌が繁殖しやすい3つのポイントがあります。そのポイントを押さえた衛生的なウォーターサーバーの選び方をご紹介します。

1つ目のポイントは、ウォーターサーバーは美味しさを保つため、味やにおいを損なう殺菌物質を含まないということです。塩素消毒を行う水道水に比べてそもそも雑菌が繁殖しやすい環境なのです。2つ目はボトル交換時に外気がサーバー内に混入し、タンクやボトル内で雑菌繁殖の恐れがあるということです。以上2点を踏まえると、サーバー内に空気が入り込みにくいタイプのもの、もしくは空気清浄機能のついたものがベストです。3つ目はウォーターサーバーの内部は家庭での手入れが難しいため、不衛生になりやすいということ。定期的にメンテナンスをしてもらえるもの、もしくはセルフクリーン機能がついたものを選びましょう。

こまめなメンテナンスが肝心です。家庭でできる簡単お手入れ術

最近のウォーターサーバーには高度な清潔保持の仕組みを備えたものや、業者の手厚いメンテナンスがついたものが多くあります。ですがちょっとした清掃を毎回業者に依頼することはできず、ご家庭でのお手入れは欠かせません。

外部との接触部分が最も雑菌が付着しやすい部分です。水の注ぎ口やその周辺は特に手やコップ等に触れやすいため、汚れたらこまめに掃除をする必要があります。ウェットティッシュなどで水気や汚れを拭き取り、アルコールで消毒をしましょう。水受けも雑菌や水垢で汚れやすい部分です。毎日取り外して台所用洗剤で洗い、よく乾燥させましょう。ウォーターサーバー本体は、週に1度くらいの頻度で清潔な布等で拭き掃除をするとよいでしょう。

日頃よりメーカーのホームページ等で衛生管理やお手入れの仕方を確認し、理解しておくことが大切です。日々のお手入れと業者のメンテナンスを併用し、ウォーターサーバーの清潔を守りましょう。

水宅配を扱っている業者はたくさんあります。それぞれの業者でかかるひと月あたりの支払額を比較しているサイトもあるので参考にしてください。