ウォーターサーバーのメリット・デメリットとは?

ウォーターサーバーのメリットとは

ウォーターサーバーのメリットとしてまず考えられるのが、水をいちいち買いに行く手間が省けるので、買物の負担が減り、時間の節約にもなる、という点です。また、お湯も冷水もコックをひねるだけですぐ出てくるため、水を沸かしたり冷蔵庫で冷やしたりといった家事が不要となる点も、大きなメリットとなります。そして、ペットボトルで水を購入していると、ゴミの量がかなり増えて、それを処分するという手間が発生しますが、ウォーターサーバーならボトルを交換するだけなので、ゴミは発生しません。そのため、ゴミ処分の手間が省けるだけでなく、環境問題にも貢献することができます。また、ウォーターサーバーはキッチンなどに置いておくとおしゃれな感じがして、友人等の来客があった場合、ちょっと自慢できる、という点もメリットの一つとなります。

ウォーターサーバーのデメリットとは

ウォーターサーバーのデメリットとして考えられる点はまず、ボトルの受け取りと設置を少し面倒に感じることがある、という点です。浄水器型の装置ならば、一度水道に設置すればそれで後はOKなのですが、ウォーターサーバーだと、毎回定期的にボトルを取り替える必要があるので、中にはその手間が煩わしい、という人もいます。また、もう一つ、デメリットとして考えられるのが、費用の点です。ウォーターサーバーはわざわざ家まで水を配達してくれるため、ペットボトルのミネラルウォーターを自分で購入する場合と比較すると、どうしてもコストがかかってしまいます。また、ウォーターサーバーの設置にはある程度のスペースも必要、という点も、家が狭い人にはデメリットとなります。

宅配水では、水の入ったボトルを自宅の玄関先まで運んでもらえるため、重いボトルを自分で運ぶ必要が無く、女性や高齢者を中心に多くの支持を集めています。